脱ステは危険。新しいアレルゲン獲得って…?肌荒れがもたらす怖~い話。 | アレルギーっ子の育児@いわき市から情報発信

脱ステは危険。新しいアレルゲン獲得って…?肌荒れがもたらす怖~い話。

この記事は3分で読めます

いつも足を運んでくださっている方、
はじめましての方、
ご来訪ありがとうございます。
管理人の、海太郎くじらママです🌊🐳👩✨。

以前あさイチで、食物アレルギー特集がありました。
(前は朝ドラのまんぷくに大嵌りしていて(笑)、その流れで、このアレルギー特集も録画していたのでした)
録画の整理をして再度見て、記事に残しておきたい…と思ったので、
こちらに書いておきますね。


2018年に放送された、あさイチ、食物アレルギー特集


放送されていたのは、寒い季節でした。
肌荒れが心配…。
乾燥に加えて、お湯を使うことも増えるし。
そうすると、肌もかさつく、粉をふく、酷くなれば、アカギレ、ひび割れ…
多くの人を悩ます、この【肌荒れ】が、
食物アレルギーを発症する原因となってしまうことがある…
という内容でした。

そうなんですよね、肌荒れ…肌のバリア機能が落ちている状態で、
卵・乳・小麦…等々食物のたんぱく質がそこから入り込んでしまうと、
体質によるのですが、食物アレルギーを獲得する要因となってしまう。

番組で紹介されていたのは、十代でお寿司屋さんで働いていた女の子で、
魚アレルギーの発症が、ある日突然だった…というケース。
お魚が大好きで幼い頃から食べていたとのこと。
今までアレルギー反応なんてなくて、
なのにある日バイトの後で、賄でサーモン等をいただいたところ、
扁桃腺の晴れ、息苦しさなど、急激で強い反応を示すようになったのだそうです。

今まで好きで食べていたものが食べられなくなってしまう…
これも本当にショックですよね。

生後すぐに発症するケースでなく、
大きくなってから新たにアレルギーを発症してしまう例があること…
最近は少しずつ知られるようになってきたことですが、
まだまだご存じない方も多い話で、
私も人にその話をすると、驚かれます。

番組で紹介されていた女の子は、
手荒れしていた状態で、
魚に頻繁に触れる…というお仕事だったため、
魚アレルギーを発症してしまったのですね。
何も魚の食べ過ぎでそうなってしまったわけではない…

肌荒れが原因!?

スタジオでゲストのギャル曽根さんたちも、驚かれてましたね。
ほんと、もっと知られて欲しい…と思っていたので、
こういう番組で取り上げてくれると、一人の食物アレルギーっ子の母として、
なんだかちょっと安心します(笑)
ほんとうに、これは多く知ってほしい内容です。


このBLOGでもしつこいくらいに(笑)
脱ステ、脱保湿の危険とか、書いてきました。
肌荒れ状態で食物を触った息子が、
バナナ等のアレルギーを発症してしまった話をしましたが、
本当に新たなアレルギーの獲得なんて…辛いことです。

アトピー性皮膚炎の患者さんは、スキンケアをきちんとするのはやはり大事だし、
アトピーでなくても、この時期の肌荒れは誰にでも起こりえる症状。
なので、

肌荒れ状態で、食べ物を触るのは、危険なので避けた方がいいです!

肌ケアの為に、ココナッツオイルとか、そういう食品を使った化粧品も、
新たなアレルギー獲得の原因になってしまうので、
使うものも重々お気をつけください!
食べ物だから、肌に使うのも大丈夫…
なんてことは、ないですよ(涙)

安全な保湿剤でしっかりと保湿することが、
新たなアレルギー獲得を避ける為に、大事なこと。
ケチらず、指の第一関節くらいまでハンドクリームをぐぐぐっと出して、
指の一本一本まできちんと包み込むように塗ること。
私もたっぷり保湿剤を塗る方なのでわかるのですが、
結構べたべたになっちゃうんですよね。
一番は、寝る前がベスト〇とのことでした。
あと、運転前…塗った後手袋をして、とか、
暫くてで細かい仕事をしなくてすむような時なども、いいかなと。


私もアレルギー体質じゃないから…と楽観しすぎることなく、
きちんと保湿ケア、やっていきたいと思います!

 

経口免疫寛容の話。

番組では、他にも重症アレルギーの方でも、
専門病院での負荷試験、経口免疫寛容の治療で、
少しずつ該当のアレルギー食品が食べられる…といった紹介をしていました。


アレルギー反応が出る食材を、安全な範囲で、
少しずつ問題ない量を摂取していって、
アレルギー反応を起こさないようにしていく治療で、多くの人達が受けている治療です。

卵が食べられなかった子が、食べられるようになる…✨とか。
本人が一番でしょうけど、家族も嬉しいんですよね。
誤食しても命の危険がないようにしてあげたら、というのは、
重いアレルギーを持つ子の親御さんの悲願でもあると思います。

現在専門医のもとでしか行えない治療ですので、
専門医がどうか、増えてほしい💦
市にアレルギーの専門医が一人もいない、なんてことにならないようにしてほしい。


他県に負荷試験・経口免疫寛容のアレルギーの治療を受けに行く、ではなく、
もっと広く、誰でも希望したらその治療が受けられるように変わっていって欲しい、と切望しています。

 

それと、重症アレルギーの子を持つお母さんが、
最初周りの方たちに理解してもらえなくて、困っていた話…😢💦
これ、アレルギーになじみのない人には、伝えるのが難しい問題ですよね。
これは語り切れないので、次回改めて記事を書かせてもらいますね。
重症アレルギーじゃなくてもなかなか理解が得られない…と感じたことがあるので、
私も他人事じゃないのでした。

 

貴方の応援が励みになります✨↓

また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ
にほんブログ村

 

ありがとうございました✨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール✨

◆海太郎くじらママ🌊🐳👩
BLOG管理人。息子・海太郎と娘・くじらのママで、今のところ専業主婦。オンラインゲームのシナリオライター、そのアルバイト経験が10年程あり☆
自他共に認める活字中毒で、漫画も大好き。スイーツや野菜も大好き☆動物は犬が好き。嫌いなものは昼ドラみたいなドロドロの人間関係。優しい人が好きです(笑)
本も好きですが、写真撮るのも結構好き。もう少し子供が大きくなったら、写真撮るのにあちこち遠出につき合わせたい!
食物アレルギーと無縁の生活だったのが、海太郎を産んだことにより、一変。
「あ、アレルギーってそもそも一体ナニ…?」というところから、一から勉強して、今に至ります。

家族の紹介はBLOG上部の固定リンクから✨

アレっ子の海太郎が使用したクリーム✨ 息子はアトピーの他、酒さ様皮膚炎の改善に効果がありました。

ダニは80%が水分。捕獲、乾燥まで、お任せ!気軽に設置でき安全で、コスパも良いです✨

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ



ハウスダストアレルギーの息子のために、愛用している、レイコップ。うちの息子は夜間の咳や鼻水が落ち着きました😊 旦那が花粉症で辛い時期、外干しできない季節にも、寝具類に使用しており、大いに役立ってくれてます👍
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930