【前編】アトピー性皮膚炎改善の為の、良い皮膚科と悪い皮膚科の見分け方 | アレルギーっ子の育児@いわき市から情報発信

【前編】アトピー性皮膚炎改善の為の、良い皮膚科と悪い皮膚科の見分け方

この記事は3分で読めます

こんにちは、海太郎くじらママです🌊🐳👩✨。

アトピーのことを結構書き綴ってきたこのBLOGですが、
ちょっと気になっていることがあるので、今日はその記事を。

長くなりそうですので、前後編にしますね!

 

私は今まで、アトピーやアレルギーといったジャンルで、様々なBLOGを拝見してきました。
その中ですごく多かったのが、脱ステを実践している人、のBLOGでした。

リバウンドがすごくて、でも、独自の方法で脱ステを続けている…とか。

辛そうだ…(><)とかいろいろ思うところはあるのですが、
ふ…とお節介ではあるのですが、心配になることが。
その心配の一つが、脱ステを続けて、この方たちは、普通の皮膚科にいけなくなってしまうのでは…?、ということ。

あまりに肌が荒れた状態だと、絶対通常、皮膚科医から強い突込みが入るはずだからです。

脱ステを頑張っている人たちにとって、その皮膚科医の忠告や叱責は時に聞くだけで苦痛なものとなりえるでしょう。

そしてステロイドが嫌いでどうしても避けたい人にとって、ステロイド外用薬(飲み薬じゃなく、塗り薬の方です)
を処方する医者=ダメと思ってしまう傾向があるような気が…、
でも、ちょっと待って。そこでまず、ひと呼吸です。

それが嫌だ!となると、ご自宅から通える範囲の、どの皮膚科にもかかれなくなってしまう可能性があるから…です💦
(一時の私が、そうでして…)

 

アトピー以外にも皮膚の病気っていろいろありますよね。
痒みが出る系統の皮膚トラブル以外で、例えば避けがたい痛みを伴うものなど(例えば帯状疱疹とか)
心の底から「ここは名医だ!」と思える皮膚科医がご自宅から近くにいなくとも、
いざというとき、受診できる皮膚科をきちんと持っておくのは、大切なことのように思うのです。

というのも私が脱ステに近い減ステを、その某漢方薬局さんの指導のもと息子にしたとき、
私はあの強烈なリバウンドの症状で息子が味わう苦痛は、やはり異常な事態だ、
泣いて肌を掻く、よく眠れなくて疲れた顔をしている子供の顔を見て、誰に言われるでもなくそう思い、
漢方薬局に通うのはやめ、それまでやっていた無茶な脱ステはやめました。

 

ステロイド外用薬をうまく使って、結果的に、そのステロイド外用薬を減らしていくことに私たち親子は成功しました。
ステロイド外用薬を使わず何とかアトピーを治癒させようとしている人の中では、
私の方法はちょっと…と思われる場合もあるかもしれません。

けれど、私は泣いている子供を泣かせたくない、辛さを何とか軽減させつつ、
いつかはステロイドを使わないようにする治療を選択したいと思ったのです。

安全にステロイド外用薬を離脱して、
前は何度も塗っていた部位が、もう何か月もステロイド剤も使わず、
保湿剤も念入りに塗らない時があっても、平気だったりするようになりました。

大したアトピーではなかったのでは?とお思いの方は、
どうかプロフィールやBLOGのあちこちにある写真をご覧くださいね。
多くの人に沢山心配された程、うちの子のアトピーは本当に本当に…酷かったのです。

 

お肌をお薬を使わず綺麗な状態にしたいという思い、同じ願いを抱いたことがある私には、その気持ちがわかります💦
けれどもそのために心が疲れ切ってしまうような、
夜もちゃんと眠れないような、そんな状態であれば、きっと見直した方がいい。
ステロイド外用薬をアトピー患者さんに処方する医者が、
すべて信用のおけない医者なわけで、はないのです。

それが最新の、ステロイド外用薬を使用して行う標準治療とは違っていても、
患者に歩み寄ろう、話をきちんと聞こうとしてくれる医者なら、
希望が持てる。

医者を育てるのは患者、という話を聞いたことがあります。
わからないことはガンガン聞いて、いいのです。
きちんと答えよう、もっと勉強しようとしてくれるお医者様が、きっといます。
そんなに多くはないかもしれないですけどね。

なので貴方の望むような医者や病院が、たとえ傍になかったとしても、
一定の信頼は寄せられるような皮膚科がないか、探しておくのは良いと思います。
先にも書きました通り、アトピー以外の肌の疾患で辛い思いをしたとき、どこの病院だったらかかれるか、
予め決めておくと、有事の際に慌てず困らずに済むと思うからです。

次回は、ステロイド離脱を考えるアトピー患者にとって、
良い病院、悪い病院の個人的な見分け方を、書いていこうと思います!

 

 

貴方の応援が励みになります✨
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨↓

にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ
にほんブログ村

ありがとうございました😊✨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール✨

◆海太郎くじらママ🌊🐳👩
BLOG管理人。息子・海太郎と娘・くじらのママで、今のところ専業主婦。オンラインゲームのシナリオライター、そのアルバイト経験が10年程あり☆
自他共に認める活字中毒で、漫画も大好き。スイーツや野菜も大好き☆動物は犬が好き。嫌いなものは昼ドラみたいなドロドロの人間関係。優しい人が好きです(笑)
本も好きですが、写真撮るのも結構好き。もう少し子供が大きくなったら、写真撮るのにあちこち遠出につき合わせたい!
食物アレルギーと無縁の生活だったのが、海太郎を産んだことにより、一変。
「あ、アレルギーってそもそも一体ナニ…?」というところから、一から勉強して、今に至ります。

家族の紹介はBLOG上部の固定リンクから✨

アレっ子の海太郎が使用したクリーム✨ 息子はアトピーの他、酒さ様皮膚炎の改善に効果がありました。

ダニは80%が水分。捕獲、乾燥まで、お任せ!気軽に設置でき安全で、コスパも良いです✨

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ



ハウスダストアレルギーの息子のために、愛用している、レイコップ。うちの息子は夜間の咳や鼻水が落ち着きました😊 旦那が花粉症で辛い時期、外干しできない季節にも、寝具類に使用しており、大いに役立ってくれてます👍
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930