体内をギトギトに、アレルギー体質と炎症を増長させてしまうのは〇〇油。アレルギー反応や炎症といった辛い症状を抑えてくれるEPAやDHAに変わる性質を持っているのは、〇〇〇油! | アレルギーっ子の育児@いわき市から情報発信

体内をギトギトに、アレルギー体質と炎症を増長させてしまうのは〇〇油。アレルギー反応や炎症といった辛い症状を抑えてくれるEPAやDHAに変わる性質を持っているのは、〇〇〇油!

この記事は3分で読めます

こんにちは、海太郎くじらママです🌊🐳👩✨。!

アトピーに治療を成功させる為には、ステロイド外用薬の適切な使用、スキンケアの徹底、環境整備を行うの三つに加え、
アトピーの痒みや炎症を酷くする原因はもともとは体の内にある筈…ということで、体を内側から変えていったら
皮膚炎改善の速度もアップし、根本的な治療に繋がるのではないかな…✨、という話を先日、記事で書きました。

『油を断てばアトピーはここまで治る』/永田良隆先生が書かれた本で、
私が一番注目をしたのは、タイトルにもある通り油に関しての詳しい記述でした。

そんなわけで、今日のお題は『油』です。


戦後急増したアレルギー性疾患、昔の日本人の体質とは大きく異なる現代人の体。
戦後に激変した食生活が影響していると考えるのは、自然のことです💦
問題は『植物油』にある、とのこと😨
昨今油に関しては、様々な場所で取り上げられていますよね。
むしろ植物油は体に良いと使用を勧められた時代もあったようですが……

アレルギー体質の患者さんが特に問題となるのは、植物油に含まれる『リノール酸』だそうです。
このリノール酸は取りすぎると体の内側を酷~く汚すそうです。
永田先生は換気扇に油がこびりつく、と言い表しておられます。
同じように植物油をガンガン体内に取り入れても、
その汚れの中でも平気で生活できる人(ノンアレな人たち)と、
そうじゃない人(もともとアレルギー疾患になりやすい体質の人)がいるのかな…💦
と読んでいて思いました。

アレルギーやIGEの説明をした頁でご紹介しましたが、
マスト細胞というものがあります。(色の変化している部分をクリックしていただければ、詳細が書かれているページに飛びます)
リノール酸はアラキドン酸というものに変化し、それはマスト細胞にもたくさん蓄積。
その結果、なんと様々なアレルゲンに関し、過敏かつ過剰に反応することになってしまう。
アレルギー体質をさらに悪化させ最悪の結果につなげる、それが植物油のリノール酸とのこと。

怖いですよね……ほんと、植物油って昔はそんなに悪いこと言われてなかったから、
沢山口にした人が多かったのではないかと思うのです。
それこそ戦後皆さんガンガン購入して消費していったんじゃないかな…。
などと邪推してしまいます。

私はこの本を最初に読みまず速やかに実践したのは、油を変えること、過剰に使いすぎないこと、また
お惣菜コーナーの揚げ物を始め、脂っこいものは子供の料理では極力避けるようにしよう、っていうことでした。

煮る、焼く、蒸す等の和風の調理法を積極的に取り入れると、必然的に油の量も減らせます。
あまりアレルギーに理解のない方に食事の話をするときは、
うちはキッチンに海太郎が入ってくるのが怖いからあまり揚げ物とかはしないんです~
とか言ってます(笑)

ただね、市販のお菓子を始め、植物油は本当にいたるところで使われていて、正直全部を避けることなど困難です。
ただ、せめて家の中では、できる範囲で気を配ってあげたいもの。
永田先生は著書でも、そのアトピーの状態をランク分けし、そのランクに応じての細やかなアドバイスを載せておられました。
軽症ともなれば、外での植物油入りの食べ物を口にするにしても、そこまで神経をとがらせずに食べることが可能な感じで、
…そう書いてあるのを拝見すると、ちょっとほっとしますね…💦

 

ちなみにリノール酸を多く含むものは、
サフラワー油(76,4%リノール酸を含む)>ひまわり油>綿実油>大豆油等々…に続き、なたね油(21.8%)といった感じみたいです。
オリーブ油は、中立っぽい感じで、でもカロリーが高めだから取りすぎ注意、だとか。

勿論料理を作る上で油を全く使わないとかは無理がありますから、
使う場合はエゴマ油等を。

この油には、αリノレン酸✨という、体内でアラキドン酸に変わらず、
なんとアレルギー反応や炎症といった辛い症状を抑えてくれるEPAやDHAに変わる
アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患を持った人には特に嬉しい、体に良い性質を持っています!

リノール酸を多く含む植物油は避け、
できればエゴマ油などを購入して、料理に取り入れること。
最近、エゴマ油等スーパーでわりと購入しやすくなってきましたよね✨
お値段はちょっと…ですが(^^;)

エゴマ油や同じような成分を持つアマニ油は体に良く、アレルギー体質の方に特にお薦めなのですが、
しかしちょっと扱い辛い性質もあるので、デメリットもまたきちんと把握して使うことが大切です。
長くなったので、次の頁でその詳細について触れたいと思います。

>>エゴマ油とアマニ油の扱い辛い点って、何?

 

貴方の応援が励みになります✨
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨↓

にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ
にほんブログ村

ありがとうございました😊✨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール✨

◆海太郎くじらママ🌊🐳👩
BLOG管理人。息子・海太郎と娘・くじらのママで、今のところ専業主婦。オンラインゲームのシナリオライター、そのアルバイト経験が10年程あり☆
自他共に認める活字中毒で、漫画も大好き。スイーツや野菜も大好き☆動物は犬が好き。嫌いなものは昼ドラみたいなドロドロの人間関係。優しい人が好きです(笑)
本も好きですが、写真撮るのも結構好き。もう少し子供が大きくなったら、写真撮るのにあちこち遠出につき合わせたい!
食物アレルギーと無縁の生活だったのが、海太郎を産んだことにより、一変。
「あ、アレルギーってそもそも一体ナニ…?」というところから、一から勉強して、今に至ります。

家族の紹介はBLOG上部の固定リンクから✨

アレっ子の海太郎が使用したクリーム✨ 息子はアトピーの他、酒さ様皮膚炎の改善に効果がありました。

ダニは80%が水分。捕獲、乾燥まで、お任せ!気軽に設置でき安全で、コスパも良いです✨

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ



ハウスダストアレルギーの息子のために、愛用している、レイコップ。うちの息子は夜間の咳や鼻水が落ち着きました😊 旦那が花粉症で辛い時期、外干しできない季節にも、寝具類に使用しており、大いに役立ってくれてます👍
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930