アレルギー疾患って予防できるの? アトピー性皮膚炎や食物アレルギーで悩む方に知ってほしいこと | アレルギーっ子の育児@いわき市から情報発信

アレルギー疾患って予防できるの? アトピー性皮膚炎や食物アレルギーで悩む方に知ってほしいこと

この記事は3分で読めます

こんにちは、海太郎くじらママです🌊🐳👩✨

今日は、アレルギー疾患って予防できるの?っていうのが、テーマです。
昔に比べるとアレルギー体質の患者が急増している、現在の日本。
一見、特に問題なく暮らしているように見える人でも、
血液検査をしてみると、意外と何かの数値が出ることもあるそうで。
現在アレルギー疾患等の症状で悩んでいなくとも、全くの他人事と実は言えないことも。
そんなわけで、これらは本当に身近な問題になってきています。

さて、実際に『貴方』自身がが今現在、
何かのアレルギー疾患に悩んでいるわけでなくても、
ここを覗いてくださっているのは、きっと何かこれらの疾患に関して気になることがおありなのでしょう。
今日のお題は、アレルギー疾患は予防できるかどうか、です。
身内にアレルギー疾患で悩んでいる人がいて、
遺伝的な問題でお子さんがアレルギー体質である可能性が高い…
とお悩みのプレママさんや、
上のお子さんがアレルギー体質で、
下の子供さんも同じ様になってしまうんじゃないかと、心配していらっしゃるご両親等…
特にそんな方たちに向け、今日の記事は書いていきたいと思います。

まず最初に、

『アトピー性皮膚炎は予防できるかどうか』

です。

何をせずとも、赤ちゃんはぷるぷるのお肌を維持していられるかといえば、そんなことはありません。
赤ちゃんの皮膚は想像以上に薄く、とてもデリケートなもの。
きちんと保湿を続けた赤ちゃんのグループと、乾燥した部位にだけ保湿をした赤ちゃんのグループだと、
前者の方が圧倒的に、アトピー性皮膚炎になる子が少なかったそうです。
春夏に比べ冬等、乾燥する時期に生まれた子供の方が、アトピーになる可能性も高く(海太郎も12月生まれです)、
そういった時期に生まれた赤ちゃんは、お肌のケアを意識してしっかりと行う方が、
後のアレルギー性皮膚炎発症リスクを減らせる感じですね。
海太郎のときもある程度は保湿はしていたのですが、今思えばもっともっとやっておいた方が良かったかもしれない…
と後悔しています💦。

妹のくじらの方は、兄貴の例があるので、保湿はきちんと行いました。
もうすぐ一歳になる最近、たまに保湿を忘れても余裕でぷるぷるつるつるしています。
今のところノンアレっ子の様子を見せており、胸をなでおろしています💦

そんなわけで、アトピー性皮膚炎は予防できるかどうかに関しては、
100%絶対にとはいえないけれど、生後しっかりとした保湿を行うことで、ある程度発症率を下げられると言えそうです。

『食物アレルギーを予防できるかどうか』
赤ちゃんがアレルギー体質になるのを懸念して、
卵や乳製品、小麦、ピーナッツ…等々、様々な食事制限をするプレママさんが、一昔前は多かったみたいです。

上のお子さんが、例えば卵アレルギーがあり、下のお子さんもまた卵アレルギーにならないようにと、妊娠中から授乳中も気を付けて卵を除去した食生活を送って…けれど、蓋を開けたら、下のお子さんの方が卵アレルギーが酷い、等々。

極端な食事制限はプラスな結果を生まないばかりか、逆に赤ちゃんの食物アレルギーリスクを高める危険を秘めていると言えそうです。
昔から言われている、バランスの良い食事というのは大切で、
逆に妊娠中は、極力何かに偏らないように(つわり時期は別ですよ!特定のものしか食べられなくなっちゃう妊婦さんもいますからね…←自分のことです)、いろいろなものを食べて健康的な食生活を送ることが大切みたいです。

また離乳食に関しても、心配な食品を極端に遅らせることが、かえってアレルギー発症リスクを高めてしまうそう。
卵等も、6か月くらいから少しずつ口にしていった方が、後々いきなりあげるようになるよりも、かえって安全と言えそうです。
経口免疫寛容といって、人間は本来異物である食べ物を自分の体を作る成分にできる力が、備わっています。
炎症が起きていない場所から吸収されるのであれば、IGE抗体がそれらを敵とみなすことはない、という考え方です。

アトピー性皮膚炎で荒れた口元や指先だと、そこから食物が入り新たな食物アレルギーを獲得する可能性が懸念されます。
そんなわけで、離乳食を遅らせないのは大切ですが、食べ物がつく部位の皮膚炎を落ち着かせる等、注意をして進めていけたらいいですね。

ぜんそく等のアレルギー疾患の予防に関しては、現在これをやれば絶対に予防できる!というものがなさそうです。
残念ですね😢💦
ただ、ぜんそくとかの患者さんは、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎を経験している方が多いようです。
食物アレルギーやアトピー性皮膚炎を、発症させない、もしくは酷くしないこと。
確実かつ絶対的な予防法とは言えないかもしれないですが、アレルギーマーチ(次々と別のアレルギーの症状が出ること)は、
起きないにこしたことはありません。
予防できることはして、悪化させないようにして、アレルギーマーチを何とか防いでいけたらいいですね。

 

貴方の応援が励みになります✨
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

ありがとうございました😊✨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール✨

◆海太郎くじらママ🌊🐳👩
BLOG管理人。息子・海太郎と娘・くじらのママで、今のところ専業主婦。オンラインゲームのシナリオライター、そのアルバイト経験が10年程あり☆
自他共に認める活字中毒で、漫画も大好き。スイーツや野菜も大好き☆動物は犬が好き。嫌いなものは昼ドラみたいなドロドロの人間関係。優しい人が好きです(笑)
本も好きですが、写真撮るのも結構好き。もう少し子供が大きくなったら、写真撮るのにあちこち遠出につき合わせたい!
食物アレルギーと無縁の生活だったのが、海太郎を産んだことにより、一変。
「あ、アレルギーってそもそも一体ナニ…?」というところから、一から勉強して、今に至ります。

家族の紹介はBLOG上部の固定リンクから✨

アレっ子の海太郎が使用したクリーム✨ 息子はアトピーの他、酒さ様皮膚炎の改善に効果がありました。

ダニは80%が水分。捕獲、乾燥まで、お任せ!気軽に設置でき安全で、コスパも良いです✨

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ



ハウスダストアレルギーの息子のために、愛用している、レイコップ。うちの息子は夜間の咳や鼻水が落ち着きました😊 旦那が花粉症で辛い時期、外干しできない季節にも、寝具類に使用しており、大いに役立ってくれてます👍
2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031