アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患と付き合うには、ストレスを溜めないこと | アレルギーっ子の育児@いわき市から情報発信

アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患と付き合うには、ストレスを溜めないこと

この記事は3分で読めます

こんにちは、海太郎くじらママです🌊🐳👩✨

現在、アトピー性皮膚炎を治すためには、
●お薬による治療
●スキンケア
●環境整備
この3つが大切とされているようです。
医療機関の標準治療として、
【こどものアレルギー/日本成育医療研究センター、アレルギー科の医師達が執筆、出版されたもの】
等、ここでは書ききれないほど、様々な場所で紹介されているのを目にしています。

実際、アトピーってお薬だけ塗っていればいいわけではないし、
どれか一つだけ頑張ってもアトピー完治はあまり現実的ではないように、思います。
アトピーやアレルギー疾患を患っている方なら実感がおありになるかもしれませんが、
多くの人がこれらを治すのに非常に苦労していて、
場合によっては人生の多くの時間や労力を、
この病気の治療を向き合い、少しでも良くすることに充ててきた、
と辛い経験をされている方も少なくない。

特にアトピーの難しさは、
たった一つの方法が全ての人に当て嵌まるわけではない、という点にもあるのではないでしょうか。
私がひとつのケースとして、このBLOGでアトピーである息子の肌がよくなった経緯と、
方法を述べさせていただいていますが(詳しくはこちらのページで、)
勿論それはすべてのアトピー性皮膚炎に悩む患者さんたちの症状を、
絶対に治すものだとは言えません。
今最先端の医療、大きな病院の小児科/アレルギー科で取り入れられている、
プロアクティブ治療は、
肌の状態を維持し、患者さんに負担をかけずに安心してステロイド外用薬を減らしていき、
完治、もしくは寛解にもっていくことができる優れた方法ではありますが、
その治療にもまた、同時並行して、スキンケアや環境整備をきちんと行うことが
大切とされています。

先ほど述べました通り、
●お薬による治療
●スキンケア
●環境整備
で、多くの人が皮膚炎を改善しています。

ステロイド外用薬の使い方は、このBLOGで再三お伝えさせていただいていますが、
きちんと知識のある(使い方、やめ方を熟知している)専門医の指導のもと、
行うのが大切です。

しかし、スキンケアと環境整備だったら、
病院の指導云々が必要ではなく、
取り入れやすいかもしれませんね😊

アトピー性皮膚炎の辛さは、
まるで体の奥から湧き出るような尋常ではない痒みであったり、
その皮膚炎が患者さんやご家族のストレスになったり、
というのが大きいと思います。

まずは痒みをきちんと取り除き、肌の状態を落ち着かせることは、
様々な情報を考慮しても、非常に大切なのではないかと思います。
子供なら、かゆいのを我慢するのは、とてもつらく難しいこと。
大人だって肌の痒みが耐え難い時もありますものね、
程度にもよるかもしれませんが、やはり子供はより、辛いだろうと思います。

脱ステや脱保湿を真っ先に選ぶと、
痒みを増長させ皮膚炎を悪化させる可能性が高い。(経皮感作の懸念。口以外の場所、肌の炎症、傷等から侵入した食べ物から、新たな食物アレルギーを獲得する可能性も大いにある)
最終的に綺麗な肌を目指すなら、ストレスのない方法で、
辛い毎日、痒みで寝られない夜を我慢しなくてもよいのではないでしょうか。

その他に、まず体の中身から健康的にならなくてはということで、
食べ物に関しても、かなり重要な位置を占めていると思います。
それに関しては別頁で説明しますので、ここでは長く触れませんが。

アトピー性皮膚炎の治療で絶対的に覆らない改善策のひとつに、

ストレスを溜めないこと

があります。
これ、実は本当に大切なんだと感じます。

お薬を適切に使い、
スキンケアを徹底し、
環境整備で悪化要因を取り除く。
そして痒み等で日常生活に支障が出ない状態にしてから、
とにかくご自分がしていてストレス発散になるようなことを、やる!!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

海太郎は恐竜やアニアマニアでそれを手にしていればご機嫌ですし😊💦、
お友達と遊ぶとか外遊びが好きな子供なので、そういった楽しいことを沢山させてあげるとよい気分転換になるようでした。

減ステの良いところは、脱ステのようにリバウンドが激しくなく、皮膚炎が落ち着いた状態を維持しながら、
完治&ステロイド離脱を目指せるところにもあると思います。

脱ステって、お肌が辛い状態になってしまうから、
外出を避けるし、孤独に陥りがちな気がするんです…😢💦。
うちの息子も一度脱ステに近い無理な減ステを某漢方薬局さんで指導されて、皮膚が大変なことになり、
外出する度にすごくみられるし、すごくびっくりされるし…本当に外に出るのが苦痛だったので、
その辛さはよくわかります😢💦💦💦
今の私なら絶対にやらないタブーを、
普通に息子に敷いてしまった過去は、本当に黒歴史です…😞😨😞💦💦̩

人目を気にせず外出でき、人と会い、気分転換をすることも容易…
だと、ストレス発散もしやすいです。

笑う門には福来るって、昔の人は良いことを言いますね。
アトピー性皮膚炎であることで憂鬱な気持ちで過ごすなんて、勿体ないです!
アトピーや、アレルギー体質であるから、という理由で、
ストレスを溜めている…とお思いになるなら、
笑顔で過ごせるよう、自然に笑顔でいるためにどうすればいいのか…?
このBLOGがそのきっかけになれたら、嬉しく思います。

貴方の応援が励みになります✨↓
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨

にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ
にほんブログ村

ありがとうございました😊✨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール✨

◆海太郎くじらママ🌊🐳👩
BLOG管理人。息子・海太郎と娘・くじらのママで、今のところ専業主婦。オンラインゲームのシナリオライター、そのアルバイト経験が10年程あり☆
自他共に認める活字中毒で、漫画も大好き。スイーツや野菜も大好き☆動物は犬が好き。嫌いなものは昼ドラみたいなドロドロの人間関係。優しい人が好きです(笑)
本も好きですが、写真撮るのも結構好き。もう少し子供が大きくなったら、写真撮るのにあちこち遠出につき合わせたい!
食物アレルギーと無縁の生活だったのが、海太郎を産んだことにより、一変。
「あ、アレルギーってそもそも一体ナニ…?」というところから、一から勉強して、今に至ります。

家族の紹介はBLOG上部の固定リンクから✨

アレっ子の海太郎が使用したクリーム✨ 息子はアトピーの他、酒さ様皮膚炎の改善に効果がありました。

ダニは80%が水分。捕獲、乾燥まで、お任せ!気軽に設置でき安全で、コスパも良いです✨

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ



ハウスダストアレルギーの息子のために、愛用している、レイコップ。うちの息子は夜間の咳や鼻水が落ち着きました😊 旦那が花粉症で辛い時期、外干しできない季節にも、寝具類に使用しており、大いに役立ってくれてます👍
2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031