どうしてこうなった…アレルギー大国日本 アトピー性皮膚炎 敏感肌 食物アレルギー 喘息… アレルギーマーチを食い止めよう | アレルギーっ子の育児@いわき市から情報発信

どうしてこうなった…アレルギー大国日本 アトピー性皮膚炎 敏感肌 食物アレルギー 喘息… アレルギーマーチを食い止めよう

この記事は3分で読めます

こんにちは、海太郎くじらママです🌊🐳👩✨

このBLOGを覗いてくださっている方の多くは、
アトピー性皮膚炎であったり、敏感肌であったり、
何らかのアレルギーをお持ちであったり、ご家族がそうであったり…と、様々かと思います。

昔に比べて、アレルギーを持つ人が急増しているという話を、耳にしたことはおありでしょうか。
戦後植林が進みこの日本は杉林が急増して、
昨今のスギ花粉アレルギー増加に結び付いたのは周知のことですが、
ではなぜ食物アレルギーは増えてきたのか…
それもまた、戦後に激変した食文化の影響が大きいと言われています。

日本人のソウルフードである米を始め、
和食がアレルギー体質の人には優しいと聞きますが、
すべてを和食にするのは難しい場合もありますよね。
(うちもです💦。私自身は和食大好きなのですが、子供は洋食が好きだったり、ほかの食べ物に興味を惹かれたり、
外食も多種多様なものがあふれているから、和食だけに拘るのは正直難しい!(´;ω;`))

そんなアレルギー大国である、日本。
子どもの三大アレルギー疾患と言われているのが、
まず一つはアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、喘息、です。
アレルギー性鼻炎等は、どちらかというともう少し年齢が高めな患者さんに多く発症するというデータがあるようです。

どの症状が出ているのであれ、
まず患者さんご自身の体のことをきちんと知ることが大切です。
子どもさんであれば小児科や皮膚科等や専門医等で、
大人の方もまた希望すれば(金額はそこそこするようですが)何のアレルギーがあるかを、血液検査で調べることが可能です。
アレルギー疾患を戦うならば、まずは患者さんが何に対してアレルギー反応を示すのか、採血して調べてもらいましょう。

うちの海太郎は、ダニアレルギーとハウスダストが一時、
クラス6を振り切れる程、高い数値として出ていました💦😢
食物アレルギーは、卵(オボムコイド、卵白、卵黄)、
乳製品、小麦(少し)、大豆(少し)等々…。

始めて検査結果を見たときは目の前が真っ暗になるような😢、
どうしてこんなに…と大変なショックを受けたのを覚えています…💦。
けれど、まずきちんと体と向き合い、
何に対して気を付けなければならないかを知るのは、まず最初の一歩なのですよね。

貴方は何のアレルギーをお持ちですか?
もしうちの子供と同じようにダニやハウスダストに対してアレルギーをお持ちでしたら、
掃除の方法を見直すのが大切です。
食べ物アレルギーに関しては、
その重症度や数に応じて家族の負担は異なり、料理に対して不安を抱く人も少なくないかと思います。
けれども、たとえ時に困難なことがあっても、
以前よりアレルギー対応食品が増えていたり、
食品にどういったものが使われているか表示がされているようになったりと、
少しずつアレルギーがある患者やその家族に優しい世の中に、少しずつ変わってきているのではないか…と、
私は希望的な思いを抱いています。

 

しかし、楽観的な気持ちにばかりなってもいられません。
最近わりと耳にするようになってきた言葉でアレルギーマーチ、
というものがあるのですが、ご存知でしょうか。
それは、乳幼児期のアレルギーが成長するにつれて、
様々なアレルギー症状が出現したり消失したりしていくことが特徴です。
幼い時期にアトピー性皮膚炎や食物アレルギーを発症した子供が、
気管支喘息を発症し、
ゆくゆくはアレルギー性鼻炎などを引き起こして…と、
そんな様子を行進曲(マーチ)に例えて、アレルギーマーチと呼ぶそうです。

マーチなんていう可愛らしい響きとは裏腹に、
その意味を知るとなんとも気が重くなりますね…💦
うちはアレルギーの内容等を見るに、
喘息になりやすい子供と言われていますが、
アレルギーマーチの進行は、何とか食い止めています。

まだある程度早い時期にアトピー性皮膚炎や食物アレルギーの改善を見たことが、
喘息に移行しなかったのではないか、
今もまた何とか踏みとどまっているのではないか、と。
一つのアレルギー疾患と正しく向き合うことは、
アレルギーマーチを食い止めるために有効な手段に違いない、と。
息子のアレルギー体質と向き合い続けて、そんな風に強く感じます。

すでに発症しているアレルギーに関してアプローチをして、
症状を出なくさせるというのは容易なことではありません。
例えば重症な卵や乳アレルギー等食物アレルギーの方が、
経口免疫寛容を目的とし病院で少しずつ該当の食品を専門医の見守りのもとで食べ、
その量を増やしていく…等、

成果が出るまで時間がかかることも少なくなく、治療は一筋縄ではいきません。
けれど、別のアレルギーの症状が出るのを防ぐ努力は、無意味などではないと感じます。

例としてあげるならば、ダニアレルギーやハウスダストアレルギーお持ちであれば、
きちんと掃除をすることを始め、環境整備は急務となります。
まだアトピー性皮膚炎のみの症状で落ち着いている子が、
喘息に移行するリスクを減らすことに意義はありますし、
もし喘息を発症した子であれば、
お薬を適切に使いながら症状を悪化させぬよう気を付けつつ完治を目指す…とても大切なことです。
お薬だけではなくダニやカビやたばこの煙等といった刺激要因が浮かぶのであれば、
それを取り除き、少しでも楽に健やかな生活が送れるようにしてあげたいですね。

>ダニアレルギーの対策…お布団クリーナーは必須アイテムです!!
>ダニアレルギーの対策…寝具の見直しは、とても大切。とてもいいお勧めの防ダニカバーはこちら!
次のページから、こちらのお役立ち記事を紹介していきますね!
順を追って、ご説明していきます!

 

 

貴方の応援が励みになります✨
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨↓

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

ありがとうございました😊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール✨

◆海太郎くじらママ🌊🐳👩
BLOG管理人。息子・海太郎と娘・くじらのママで、今のところ専業主婦。オンラインゲームのシナリオライター、そのアルバイト経験が10年程あり☆
自他共に認める活字中毒で、漫画も大好き。スイーツや野菜も大好き☆動物は犬が好き。嫌いなものは昼ドラみたいなドロドロの人間関係。優しい人が好きです(笑)
本も好きですが、写真撮るのも結構好き。もう少し子供が大きくなったら、写真撮るのにあちこち遠出につき合わせたい!
食物アレルギーと無縁の生活だったのが、海太郎を産んだことにより、一変。
「あ、アレルギーってそもそも一体ナニ…?」というところから、一から勉強して、今に至ります。

家族の紹介はBLOG上部の固定リンクから✨

アレっ子の海太郎が使用したクリーム✨ 息子はアトピーの他、酒さ様皮膚炎の改善に効果がありました。

ダニは80%が水分。捕獲、乾燥まで、お任せ!気軽に設置でき安全で、コスパも良いです✨

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ



ハウスダストアレルギーの息子のために、愛用している、レイコップ。うちの息子は夜間の咳や鼻水が落ち着きました😊 旦那が花粉症で辛い時期、外干しできない季節にも、寝具類に使用しており、大いに役立ってくれてます👍
2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031