ステロイド外用薬を誤った使い方をした結果、発症してしまった酒さ様皮膚炎。完治した今だから言えること。 | アレルギーっ子の育児@いわき市から情報発信

ステロイド外用薬を誤った使い方をした結果、発症してしまった酒さ様皮膚炎。完治した今だから言えること。

この記事は3分で読めます

こんにちは、海太郎くじらママです🌊🐳👩✨

さてさて、本日のお題は『酒さ様皮膚炎って知ってる?』です。
何?それ、とお思いの方も少なくないかもしれません。
けれども、これ、ステロイドを使っている人はもしかすると知っておいた方がいいかもしれない、
困った症状なのです。
というのも、ステロイドの副作用の一種として、
稀に出ることが確認されている症状なので。

『酒さ様』というからには、お察しの通り、『酒さ』という病気があるのです。
赤ら顔やほてりといった、そんな症状。
さらには小さな吹き出物が出たり、顔の毛細血管の拡張等症状が出たり、と。
それに似た、けれど別の症状だから『酒さ様皮膚炎』というのですね。

うちの海太郎は、どうやらアトピー性皮膚炎の治療中に、酒さ様皮膚炎を発症したらしいです。
らしい、というのも、皮膚科で診断されたわけでなく、
同じような症状で苦しむ人が切々と書き綴ったBLOGを幾つか拝見したからでした。
症状は、とても酷似していました💦

専門医のもと治療できればいいのですが、
皮膚科の医師にすら『酒さ様皮膚炎?』と首を傾げられ、
頼れなかった(笑)患者は、結局自分で何とかするしかないのですよね。

繰り返します。酒さ様皮膚炎というものはステロイド外用薬の副作用として、
稀ではありますが、表れることがあります。
皮膚科の医師ならアトピーで肌に炎症があれば、ステロイド外用薬をまず処方することでしょう。
最初指導があった通り赤味があるうちには炎症が消えていないから塗り続けて~みたいなやり方で、延々塗って。
なぜかうちの子、前は全然こんなんじゃなかったのに、すごく赤ら顔だ…
ちょっとしたことで、すぐに、寒いところから暖かいところに
移動したみたいに、額が、ほほが、まっかっかになる…
どうして?と。
毎日見ていた私は、怪訝に思っていました😨。

このBLOGで肌をステロイド外用薬でつるつるの綺麗な状態にして、休薬期間を設けて…と、
何度かお伝えしてきました。
通常のアトピー性皮膚炎の患者で治療であれば、
それは間違いではありません。
うちの海太郎の場合は、ステロイド使用期間は、
『完全に綺麗な状態にしてから休薬する』ではなく、
『肌が割れて浸出液が出ず、かきむしるようなことがなく、顔は発赤が認められるものの(酒さ様皮膚炎のため)落ち着いてはいる状態』
にしてから、休薬期間を設けていました。
酒さ様皮膚炎がステロイド外用薬の副作用で出たものなら、
通常のケースと同じように考えると、また肌を大変な状態にしてしまうかも…と思ったからです。

海太郎のような状態がみられるのでなければ、うちのケースほど難しく考えなくても大丈夫かも。
ステロイド外用薬と保湿剤できちんと肌を綺麗な状態にしてから、
ステロイド外用薬の休薬期間を設けて、その間は保湿剤やクリームで肌が落ち着いた状態を維持して…と。
※ステロイド外用薬の副作用として、実際息子と私が経験したというだけでなく、
『子どものアレルギー』国立成育医療研究センターアレルギー科 大矢幸弘医師著の本P174でも、この症状のことは短いですが紹介されています。

もしうちの息子のように酒さ様皮膚炎を発症しているのであれば、要注意💦
しかしアトピーの炎症と、ステロイド外用薬の副作用での発赤の差が、
当初私は判断がつきませんでした。どちらも赤くなるんですもん。
後者のケースなら、ステロイド外用薬を延々塗っていても効果がないばかりか、逆効果になりうる。
できるならステロイド外用薬の副作用として酒さ様皮膚炎を発症した患者を、今まできちんと治癒させられたきちんとした専門医師のもと、
治療にあたるのが安全なのだとは、思います。
しかしうちのように、ステロイド外用薬の副作用として酒さ様皮膚炎を発症してしまった患者を、診たことがない医師の場合、
患者の訴えに首をかしげるケースも多々あるかと思います(私がお会いした先生方が、そうであったように^^;)

だから、そうなると自力で何とか治すしかなくなってしまうのです…これがまた大変で。

けれども、うちの海太郎はそのどうすれば…と頭を抱えていた日々が嘘みたいに、酒さ様皮膚炎が治っちゃったのです。
ステロイド記録を付けながら、減ステを試みて、ある程度落ち着いた状態で過ごせる日々が増えてきた…と実感が沸いた頃。
そういえば顔の赤みが気にならなくなってきたんじゃない…?

いつから?と考えて、『アトピスマイル』を塗るようになってからだ、と気付きました。
勇心酒造のアトピスマイルは、
世界初といわれる皮膚水分保持能改善剤として厚生労働省より医学部外品の新規有効成分として認可を受けているという商品です。



アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

たまたま効果があったのかはわからないのですが、
販売総数400,000本という数字から察せられるように多くの人に支持されているこの商品はうちの子の肌にも合っていて、
何らかの良い影響を及ぼしてくれたに違いない、と確信に近い思いを抱いています。
うちの息子のようにガタガタの肌が、健やかな状態へと立ち直るきっかけになってくれたこちらの商品。
肌に合うなら、とても力強い味方になってくれるのではないかな…と。お薦めさせていただきますね!

 

 

貴方の応援が励みになります✨
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨↓

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

ありがとうございました✨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール✨

◆海太郎くじらママ🌊🐳👩
BLOG管理人。息子・海太郎と娘・くじらのママで、今のところ専業主婦。オンラインゲームのシナリオライター、そのアルバイト経験が10年程あり☆
自他共に認める活字中毒で、漫画も大好き。スイーツや野菜も大好き☆動物は犬が好き。嫌いなものは昼ドラみたいなドロドロの人間関係。優しい人が好きです(笑)
本も好きですが、写真撮るのも結構好き。もう少し子供が大きくなったら、写真撮るのにあちこち遠出につき合わせたい!
食物アレルギーと無縁の生活だったのが、海太郎を産んだことにより、一変。
「あ、アレルギーってそもそも一体ナニ…?」というところから、一から勉強して、今に至ります。

家族の紹介はBLOG上部の固定リンクから✨

アレっ子の海太郎が使用したクリーム✨ 息子はアトピーの他、酒さ様皮膚炎の改善に効果がありました。

ダニは80%が水分。捕獲、乾燥まで、お任せ!気軽に設置でき安全で、コスパも良いです✨

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ



ハウスダストアレルギーの息子のために、愛用している、レイコップ。うちの息子は夜間の咳や鼻水が落ち着きました😊 旦那が花粉症で辛い時期、外干しできない季節にも、寝具類に使用しており、大いに役立ってくれてます👍
2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031