『アトピーのステロイド治療記 ②』強さ、塗る量、その範囲は適切ですか?ステロイド剤を制することはアトピーを制す!?使い方を見直して、ステロイド依存から離脱を目指そう! | アレルギーっ子の育児@いわき市から情報発信

『アトピーのステロイド治療記 ②』強さ、塗る量、その範囲は適切ですか?ステロイド剤を制することはアトピーを制す!?使い方を見直して、ステロイド依存から離脱を目指そう!

この記事は3分で読めます

こんにちは、海太郎くじらママです!🌊🐋👩
今回は息子の肌が改善した、ステロイド外用薬の無理のない減らし方を、具体的に紹介します。

ちなみにここで言うその減らし方というのは、
・日中掻き毟るようなこともなく、
・痒みによるストレスで日常生活に影響がでないようにして、
・夜無意識のうちに掻き毟ったりせず、皮膚炎による痒みで夜の睡眠が阻害されない状況を維持する
ということです(^^)

我が家では、当初脱ステに近い厳しい減ステを試しました。
ステロイドを極端に減らすと、うちの子がそうであったように、
激しい皮膚トラブルが起きる事例が多いようです💦😨
激しい痒みがある状態だと、昼間はまだ何かで気を紛らわせることができたとしても、
夜は掻き毟り血塗れ…そんなこともあり得ます😢、
年代問わず、人間にとって睡眠はとても大切です。
ましてや成長期の子供の睡眠が阻害されるのは、百害あって一利ありません。

一度の辛すぎる失敗の後、
我が家で実践した減ステでは、先ほど書きました通り、
生活の質を一定以上下げないように肌をコントロールしつつ、
ステロイド外用薬を使う量を減らすというものでした。

私が減ステを始める時に大いに参考にさせていただいたのが、
高雄医院の漢方医・江部康二先生の著書でした。
江部先生の本には、
無理な脱ステの危険性について触れられていて、
炎症を火事🔥にたとえ、しっかりとまず鎮火させることが大切だと述べられていました。
可能であれば、三日しっかりステロイドを塗って、
四日以上は使わない期間を設けること。
けれど三日使用、その後は四日以上開けることに固執しすぎて、
肌の炎症が落ち着いていないのに休薬期間に入ってはいけないこと。
そういったことが書かれていました。

患者さん自身の炎症の状態に合わせて、ステロイド外用薬を適切に使うことの大切さも。
肌がとても荒れているのに、ステロイド外用薬を怖がって、弱いステ剤を使っても火事は消し止められません。
つまりは、弱い火に延々と強く放水し続ける必要もない、ということです。

(例1)
●顔 ロコイド軟膏(Ⅳ群 MILDクラスのステロイド)1日2回で処方。
体 リンデロンVG軟膏(Ⅲ群クラスのステロイド)1日2回で処方。

これ、昔うちの息子が処方されていたステロイド外用薬です。これを例にして、話しますね。
ロコイド軟膏、リンデロンVG軟膏…
外用薬が処方されると、必ず使用部位部位と使用回数が表示されますよね。
けれども顔、体、と一口に言っても、炎症の強い部分とそこまで酷くない部分はないでしょうか?
うちは、そうでした。

海太郎の場合、顔であれば、額の炎症が酷く、頬から下は額程のひどさはありませんでした。
体もまた、手足は酷くても、腕や脚はそこまででもない…など、炎症の状態には幅がありました。

つまり顔全部に、ロコイドっていうマイルドクラスのステロイドをぺたぺた塗る必要もなければ、
体のすべてに、リンデロンVG軟膏を、同じ回数、べたべた塗る必要もないんじゃない?
って思ったんです。明らかに炎症の状態が違うし。

少なくとも、炎症が強い部分と弱い部分を全く同じように塗る必要はない、ってことです。
でも皮膚科では体の一部一部ごとの塗り方の説明なんて、勿論してくれませんよね。
だから処方の仕方もいっしょくたです。
説明に時間もかかるし、端折られてしまう部分です。

病院がやってくれないなら、
自分で、そこまで考えないといけないのかも、と。
なので、患者の皮膚炎の状態がどの程度であるのか、
どの薬をどのくらい塗れば、落ち着いていくのか。
客観的に見れるようになることが大切だと感じました。

高雄医院の漢方医・江部康二先生の著書で触れられていた、
三日使って四日ステロイド外用薬を使わないでいる期間を設ける、記述。
最初は無理な場所もあるんじゃないかなと思いましたが、
まずは半信半疑ではありましたが、試してみました。
肌を一応、ステロイド外用薬と保湿剤を使い、綺麗にした後。
ステロイド外用薬を使わないで、保湿だけを徹底し行う。
また赤味が復活したら、早めにすかさずステロイド外用薬を塗り、何日かしっかり塗って、また休薬期間に入る。
三日、四日は理想であり、固執しすぎて本末転倒しないように、の記述にも励まされ、
続けてみました。そうしていくうちに、
海太郎は徐々に、ステロイド外用薬を使う量も、赤味が復活するまでの時間、その間隔が伸びていきました。
脱ステみたいな負担も辛い思いもせず、安全に、無理なく、です。
それが、本当に嬉しかったです。

実感したのは、
肌が綺麗になった時がチャンス!ということ。

しっかりと保湿をして肌のバリア機能をちゃんとした状態に保ってあげることに加え、
並行して実践すると、肌の状態がより落ち着くことを実感しました。
肌改善のために、行ったアプローチ✨
また、役に立ったもののことなど、ご紹介いたしますね❢

>次のページでは、オリジナルステロイド日誌をご紹介!
>減ステを支えてくれた、良質な保湿剤と非ステロイド剤はコレ!
>アトピーを悪化させるのは汗だった!?お風呂の注意点とシャワーを賢く使う必要性
>洗濯用洗剤、何を使ってますか?柔軟剤の落とし穴
>自分を知る事が解決への近道。自分に何のアレルギーがあるか把握することって大事!
>アトピー患者に多い、ダニとハウスダストのアレルギー。対策は?!
>体調悪化=お肌も悪化!更には喘息の危険も…。風邪予防にお役立ちの、中国では家庭でお守り代わりに常備されている、子供でも飲める効果抜群の中国茶!
>アレルギーを発症させやすい食べ物、注意が必要な物一覧!

 

貴方の応援が励みになります↓✨
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです↓

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

ありがとうございました☆彡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール✨

◆海太郎くじらママ🌊🐳👩
BLOG管理人。息子・海太郎と娘・くじらのママで、今のところ専業主婦。オンラインゲームのシナリオライター、そのアルバイト経験が10年程あり☆
自他共に認める活字中毒で、漫画も大好き。スイーツや野菜も大好き☆動物は犬が好き。嫌いなものは昼ドラみたいなドロドロの人間関係。優しい人が好きです(笑)
本も好きですが、写真撮るのも結構好き。もう少し子供が大きくなったら、写真撮るのにあちこち遠出につき合わせたい!
食物アレルギーと無縁の生活だったのが、海太郎を産んだことにより、一変。
「あ、アレルギーってそもそも一体ナニ…?」というところから、一から勉強して、今に至ります。

家族の紹介はBLOG上部の固定リンクから✨

アレっ子の海太郎が使用したクリーム✨ 息子はアトピーの他、酒さ様皮膚炎の改善に効果がありました。

ダニは80%が水分。捕獲、乾燥まで、お任せ!気軽に設置でき安全で、コスパも良いです✨

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ



ハウスダストアレルギーの息子のために、愛用している、レイコップ。うちの息子は夜間の咳や鼻水が落ち着きました😊 旦那が花粉症で辛い時期、外干しできない季節にも、寝具類に使用しており、大いに役立ってくれてます👍
2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031