『アトピーのステロイド治療記 ①』無理な脱ステは危険!選ぶべきは脱ステではなく、減ステ。アトピーコントロールをして、緩やかにステロイド依存から離脱しよう! | アレルギーっ子の育児@いわき市から情報発信

『アトピーのステロイド治療記 ①』無理な脱ステは危険!選ぶべきは脱ステではなく、減ステ。アトピーコントロールをして、緩やかにステロイド依存から離脱しよう!

この記事は4分で読めます

いつも足を運んでくださっている方、
初めましての方、
よいこそいらっしゃいませ。
当BLOGの管理人、海太郎くじらママです!🌊🐳👩

本日は、無茶な脱ステはおススメしない理由について、の記事です。

皮膚科に言われるがままステロイド外用薬を使ってきたけど、これって長期間使って大丈夫なの…?
何だか強いステロイド出されてたみたいで、不安だから使うのやめたい…。
副作用があるかもなんて皮膚科では説明されてなかった!なので、処方されていたステ剤や保湿剤に代わる良いものを探してます!

等々、溢れかえる情報のせいで、
ステロイド外用薬自体が怖くなったり、嫌悪感を抱いて、脱ステを考えたり…
自分がそうだったので、お気持ち、すごく、良く分かります…。💦
私も、皮膚科でステロイド外用薬を、使い方と止めかたの説明をきちんとされず、結果的にダラダラ使うような感じになり
あとでとても苦い経験を親子ですることになってしまったので…。

ステロイド外用薬は、使い方を間違えなければ、アトピーコントロールの為にとても役に立つお薬です。
ただし、使い方と止め方の方法が、きちんとわかっているなら、ということが前提です。
きちんと現在のアトピーに関する標準治療、その知識のある先生の指導のもとで使うのがベストなのです。

私はとある信用できそうな本で、
きちんと肌を綺麗にして、
お休み期間を設けて、
決して延々だらだらと使わないで、

という記述を信じて実践したので、
おかげ様でなんとか息子の肌は落ち着きましたが、
適当な使い方の指導をされるくらいなら、そんな皮膚科行かない方がいい、というくらい。
使い方が本当に大切なお薬、それがステロイド外用薬なのだと、このBLOGでは繰り返し伝えさせてもらいます^^;

ステロイド外用薬を使っていたのに、脱ステを志し、いきなり無理な減らし方をした場合、どうなるか。
写真を見れば話が早いかと思いますので、載せますね。
うちの場合、脱ステに近い減ステ(使用ステロイドを減らす)を体験したのは、
地元の皮膚科を離れ、評判の某漢方薬局に行ってからでした。


『写真1』

脱ステロイド…、ステロイドをやめていた頃、これが、その時のピーク時に幾分近い時の写真です。
浸出液が出てもっともっと酷い状態の時もあったのですが、さすがに残せなかったのか、データにはありません。
それでも、この写真よりもっと大変な時があったと申し上げれば、酷さは十分伝わるでしょうか。

えっ………。
これは、と驚かれるかと思います。
ステロイドを指導された通り減らしていくと、今迄表面上は綺麗だった海太郎の肌は、マグマが地表を割って噴き出すように、一気に酷くなっていきました。
見返す度に、強い後悔と自分への激しい憤り、息子への申し訳なさでいっぱいになります。
たぶん私達夫婦が皮膚科で散々嫌な目に遭い、ステロイドに対して強い嫌悪感を抱いてこの漢方薬局に訪れたことも理由の一つだったと思いますが…、
こちらでは最初の二月程、二日ほどステロイドを使用して、その後限界までステロイド剤を使用しないで保湿剤と非ステロイド剤で凌ぐ方法を指導されました。
写真を通して当時の息子の様子(外見だけでなく)を思い出すに、無茶な減らし方には違いなかったと痛切に感じます。

それでも長期間このステロイド剤を使った人は、一気に辞める(或いはそれに近い減らし方をする)と、この写真のようなことになる可能性が高い。
だからこのBLOGを見つけて下さった方の中にもしもご家族の脱ステをお考えの人がいて、今のこの記事を読んでくれているのなら、どうか待って欲しいのです。

漢方薬局ではこの激しいリバウンドに健気に耐えて、
できるだけ短い期間でステロイド副作用の苦しさからも逃れた人もいるようでした。
でも、
痒くて痒くて夜中全然寝ることができず、
背中をさすったり長時間抱っこしたり、夜中ドライブに連れ出したり、泣き喚く子供に申し訳なくて涙を流す…
それは比喩でも誇張でもなく、まさしく地獄のような時間でした。

今まで日常的に使っていたステロイド外用薬を、急激に減らすというやり方は、やってはいけない方法でした。
ステロイド外用薬を使うには知識が必要で、
減らしていき、やがては保湿剤のみで過ごせるようになる…
そういう状況にもっていく為には、やはり知識が必要なのでした。

いわき市には、今安全に無理なくアトピーを落ち着かせていく方法、
ステロイド外用薬の使用量を時間をかけ減らしていくやり方、
そういうプロアクティブ治療を教えてくれる皮膚科は、基本無いです(><)
病院で教えてくれなかった、のは事実。
教えてくれなかったから、病院のせい、というのは簡単です。
それでも、私の胸には後悔があります。思い出すと、今でも胸が痛いです。

もっともっとちゃんと知識があったら、氾濫する情報に踊らされることもなかったし、
こんなに大変な思いはさせないで済んだのに…と。
子供に本当に申し訳なくて、知らなかったことが悔しい。
そんな思いを味わう人を、私は減らしたいです。

私が選択したのは、減ステです。
このBLOGでは、実際にうちの息子が肌を改善できた肌ケアの方法、
できるだけその人に負担が少ないやり方でステ剤を減らし、クリームや保湿剤と非ステ剤を使い、
そして多方面からアトピー改善のためのアプローチをしていく、という方法を載せています。

ただ、私が載せていることに関しては、先ほど述べました通り、
私は独自に情報を集めて、信頼できそうな情報からよさそうと思った方法を取り入れた、といった感じですので、
現在アトピー治療の最先端である方法を、きちんとした知識のある医師の指導のもと行えたわけではありませんでした。
私は、医療関係者でもありません。
私の息子が合った方法が、全ての人に当て嵌まるわけではなく、
実践して同じようにアトピーが改善しない、という場合もあるかと思います。
合わなかった、という場合がもしあったとしても申し訳ありませんが、責任は負えません。
できるだけ、信頼できそうな病院を探すのが、一番です!
と繰り返し述べさせてもらいます。
ですが残念ながらそういう安心してかかれる皮膚科ばかりではないというのも、私もよく知るところです…。
改善される方は多いと思います。けれど絶対ではない、
なので、実践される場合は、自己の責任のもと、よろしくお願いいたします。

写真と、記事。過去の自分の失敗と反省を直視するのは、辛いですが、自戒の為にも載せておきますね。

一目でとても肌の弱い子だと、酷いアトピーで可哀想だね…と、多くの人に気遣われてきた息子の海太郎。
今の海太郎は毎日ステロイドを使わなくても綺麗な肌を維持できている、
笑顔と元気いっぱいお喋り好きの、もとの活発さを取り戻したやんちゃな幼稚園児です😊👦✨

私と海太郎が選んだ減ステの方法とは?
今回はご挨拶のページと重複した内容もありましたがm(_ _)m、
いよいよ具体的なやりかたを、ご紹介していきますね!

貴方の応援が励みになります✨↓
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです↓✨

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

ありがとうございました✨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール✨

◆海太郎くじらママ🌊🐳👩
BLOG管理人。息子・海太郎と娘・くじらのママで、今のところ専業主婦。オンラインゲームのシナリオライター、そのアルバイト経験が10年程あり☆
自他共に認める活字中毒で、漫画も大好き。スイーツや野菜も大好き☆動物は犬が好き。嫌いなものは昼ドラみたいなドロドロの人間関係。優しい人が好きです(笑)
本も好きですが、写真撮るのも結構好き。もう少し子供が大きくなったら、写真撮るのにあちこち遠出につき合わせたい!
食物アレルギーと無縁の生活だったのが、海太郎を産んだことにより、一変。
「あ、アレルギーってそもそも一体ナニ…?」というところから、一から勉強して、今に至ります。

家族の紹介はBLOG上部の固定リンクから✨

アレっ子の海太郎が使用したクリーム✨ 息子はアトピーの他、酒さ様皮膚炎の改善に効果がありました。

ダニは80%が水分。捕獲、乾燥まで、お任せ!気軽に設置でき安全で、コスパも良いです✨

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ



ハウスダストアレルギーの息子のために、愛用している、レイコップ。うちの息子は夜間の咳や鼻水が落ち着きました😊 旦那が花粉症で辛い時期、外干しできない季節にも、寝具類に使用しており、大いに役立ってくれてます👍
2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031